• HOME
  • パソコンが起動しない時のチェックポイント

パソコンが起動しない時のチェックポイント

パソコンの電源ボタンを入れても起動しない場合、原因としては様々なことが考えられます。

単純に電源ケーブルがコンセントに刺さっていなかったというケースも以外と多いです。

このページではパソコンに電源が入らない場合の対処法について、切り分けるべき順番にそって対処法を説明します。


■電源ランプは点灯しているか?

電源ランプの場所はパソコンによって異なります。電源スイッチのすぐそばにあるケースや、キーボードについている場合もあります。

まずは電源ボタンが点灯しているかを確認しましょう。

ランプが点灯しない場合、パソコンの電源ケーブルが繋がっているか?デスクトップパソコンの場合はモニターのケーブルが繋がっているかも確認しましょう。

正しく刺さっている場合、コンセント側が不具合という可能性もありますので、コンセントを指す場所を変えて試してみましょう。


■ドライブにメディアは入っていないか?

CD、DVD、BDドライブにメディアが入っていると、Windowsが正しく起動しないことがあります。

メディアが入っている場合は取り出して再度電源を入れ直してみましょう。


■周辺機器を増設していないか?

PCIスロットやメモリなどを増設している場合、それが原因となって起動しない場合があります。

増設した機器を取り外して起動するかどうかを試してみて下さい。

なぞ、増設機器を取り外す時は一つずつ外していくと、なにに原因があるのかの切り分けが可能です。


■放電を試す

パソコンの長時間の使用により、パソコン内部に不要な電気が滞留し、起動を妨げたり動作が不安定になりことがあります。

その場合は放電を行う必要があります。

放電の仕方は、パソコンの電源ケーブルをコンセントから抜いた状態で1~2分程度放置し、起動するかどうか試してみて下さい。

なお、ノートパソコンの場合は電源ケーブルに加えてバッテリーパックも取り外してください。


■BIOSを初期化する

BIOSとは、パソコン起動時にオペレーションシステム(Windows)を起動するプログラムです。

パソコン起動時にメーカーロゴ(BIOS)の表示まで進むようであれば、BIOSの初期化を試してみましょう。


初期化の手順は、

①パソコンの電源を入れ、メーカー(TOSHIBAなど)画面が表示されるタイミングでキーボードの「F2」キーを何度か押下します。

②「BIOSセットアップユーティリティ」という画面が表示されますので、キーボードの「F9」キーを押下します。

③「デフォルト値をロードしますか?」の画面で、「はい」を選択しエンターキーを押下。続けて、キーボードの「F10」キーを押下します。

④「設定の変更を保存して終了しますか?」という画面が出たら、「はい」を選択してください。


BIOSの初期化は以上です。これで正常に起動するかどうかを試してみて下さい。


デジタルデータソリューションから見るWindowsのトラブルバスターズ