• HOME
  • RAIDトラブルの対処法

RAIDトラブルの対処法

データの安全性の確保や高速化を目的としてRAIDを利用する方は増えています。

特に法人では大切なデータを保護するために導入しているケースが多いと言われています。

確かにRAIDによってデータの安全性が高まることは間違いありません。

しかし、RAIDを構成したことで安心をしてしまい、正しい対処法が行えずにデータを失ってしまうといった事例もあります。

RAIDトラブル時の対処法を身につけ、より安全にデータの保護を行いたいところです。


■RAIDとは

RAIDとはなにかを簡単に説明しますと、複数のHDD(またはSSD)を利用してデータの安全性を高めたり、高速化を実現する技術となります。

RAIDには複数のレベルがあり、どのようなRAIDレベルで構成するかによって果たせる目的が異なります。

例えば「RAID0」は、HDDを2台使って構成します。

データを2台のHDDに分散して書き込むことで高速化を実現できます。


しかし、片方のHDDが壊れてしまえばデータの読み込みは出来なくなるというリスクのある構成です。

一方で「RAID1」は、RAID0同様に2台のHDDを使って構成しますが、2台のHDDに同じデータ保存することで、どちらか一方のHDDが破損してしまってもデータが消えることを防ぐことが出来ます。


最近では、データの安全性と高速性の両方を実現したRAID5も人気があります。

RAID5は最低3台のHDDが必要となりますが、RAID0のように情報を分散して書き込むことで高速化を実現しつつ、同時に「パリティ情報」という冗長コードを分散して書き込みます。

仮に1台のHDDが故障しても、故障したHDDを新品に交換して再構築(リビルド)を実行すればデータは復元されます。


■RAIDだからといって安心は禁物

RAIDのトラブルで多いのが、気が付いたら複数のHDDにトラブルが出ていたというものです。

RAID1やRAID5では1台のHDDが故障したとしても正常に稼働しますが、これがトラブルに対する初動を遅らせる原因とも言えます。

HDDにトラブルが発生していることに気づかなかったり、気づいていてもすぐに対処せず放置してしまったりして2台目のHDDにも異常が起こるというケースです。

また、他にあるケースとしては再構築(リビルド)の失敗です。

通常、異常が発生したHDDを交換して再構築(リビルド)を行うことでデータは復元されるのですが、リビルド中に2台目のHDDも故障してしまったり、再構築作業を行う際のヒューマンエラーが原因の多くを占めます。


■もしもRAIDトラブルが起きてしまったら

再構築が出来ない状況や再構築に失敗してしまったといった時には、自分達の力でデータを復元することは不可能になります。

そんな時に役にたつのがデータ復旧サービスを提供している専門業者です。

RAID対応に強みをもつ日本データテクノロジーをはじめ、復旧サービスを専門に行う業者は多数存在しますので、どうしてもデータの復旧が必要な際には相談してみるとよいでしょう。


デジタルデータソリューションから見るWindowsのトラブルバスターズ