• HOME
  • 印刷業者のサーバーをデータ復旧する

印刷業者のサーバーをデータ復旧する

コンピュータが登場してから、業務フローは大きく変化したと言われています。

特に変化が著しいと評されているのは印刷業者です。

過去の印刷業者は複製対象の納品を紙で行っていました。

特殊な形式で納品しようとすると、印刷機に複製対象のデータを入力するのが大変だからです。

しかし最近ではパソコンのソフトを使って生成したデータを、印刷業者へ送り付けても問題がなくなっています。

コンピュータの普及率が伸びたおかげで、マイナーな拡張子でマスターデータを準備しない限り、印刷機で読み取る事は容易いからです。

それ故に印刷業者のサーバーの重要性は高まっています。

データを管理する役目を担っているサーバーが壊れれば、業務全体が停止する恐れさえあるためです。


■サーバーの記憶媒体のバックアップを取得する

サーバーのトラブルの原因は数多ですが、特に目立つのは記憶媒体の故障です。

消耗品と形容されるほど耐障害性に問題のある記憶媒体は、常に故障リスクを抱えています。

最近では耐障害性に優れているSSDが開発されました。

しかし価格や記憶容量に問題が残るので、現在でも従来型の記憶媒体であるハードディスクが主流です。

記憶媒体の壊れ易さをサーバーの所有者が解決するのは難しいので、故障時を想定した運用を心掛けるのが現実的な対策になります。

具体的にはサーバーの記憶媒体のバックアップを取得する事です。

新しい記憶媒体へ交換してもバックアップデータさえ存在していれば、印刷業者の抱えるデータを取り戻す事は出来ます。


■記憶媒体のデータ復旧の流れ

印刷業者のサーバーの記憶媒体がアクセス不可能になると、データへのアクセスが不可能になります。

その段階で印刷業者が行うべきはサーバーをメーカーへ郵送する事です。

記憶媒体の部品交換に関しては、メーカーの領分になっています。

それを無視して印刷業者が記憶媒体を交換すると、今後の修理対応を拒否されてしまう事さえあり得るので避けるべきです。

記憶媒体が新しくなったサーバーは、所有者である印刷業者の元へ送り返されます。

ブランク状態の記憶媒体に対してデータ復旧を果たさなければならないので、修理されたサーバーが戻ってからが正念場です。

取得しておいたバックアップを新しい記憶媒体へリストアします。

その過程でエラーメッセージが表示されなければ成功です。


■バックアップの取得を工夫する

記憶媒体の最新のデータを常にバックアップする事は至難の業だと言えます。

更新が行われる度にバックアップを繰り返すのは、作業者の負担を大きくするからです。

だからバックアップの取得を工夫する事で、大半の印刷業者は負担を軽減しています。

具体的には自動バックアップ機能を用いて、印刷業者のスタッフがバックアップの度に関わる工程を消しているのです。


デジタルデータソリューションから見るWindowsのトラブルバスターズ