• HOME
  • 論理障害になった印刷業者のサーバーをデータ復旧する

論理障害になった印刷業者のサーバーをデータ復旧する

印刷業者のサービスの質は向上しています。

紙を使った情報の受け渡しよりも、インターネット回線を媒介にした情報が人気になっているからです。

インターネットに負けないためには紙ならではの魅力を押し出す必要があります。

同時にサービスの利用料金を見直して、顧客の関心を集めなくてはなりません。

その過程でサービスの品質が高まったのは必然的な結果だと言えます。

しかし印刷業者のサービスの品質が高まったのは、業務フローにサーバーの処理能力を活かす事に成功したからです。


サーバーに対してデータ入力を行う事によって、面倒だった仕事が効率的に進められるようになりました。

しかしサーバーの内部で行われる処理が増えて、論理障害の発生確率が高まっているのも事実です。

サーバーの安定性を確立する事は大切なので、印刷業者は論理障害の対策を講じています。


■軽度の論理障害を解決する手段

論理障害は記憶媒体のトラブルの中でも軽度な部類に属しています。

よって市販されているデータ復旧ソフトでも十分対応は可能です。

データ復旧ソフトはコンピュータ上に残っているログを参考にして、論理障害が発生する前のデータへ戻す事が出来ます。

並列処理に長けているサーバーもデータ復旧ソフトを動かす事が可能なので、トラブルが発生する前に購入を済ませている印刷業者は珍しくありません。


■重度の論理障害を解決する手段

データ復旧ソフトで全ての論理障害を解決出来ません。

論理障害の中には痕跡が全く残っていないケースもあるからです。

その場合にはデータ復旧業者のサービスに頼るしかないと言われています。

データ復旧業者は記憶媒体に関する最新の技術を有しており、市販されているデータ復旧ソフトよりも優れたサービスを提供しているのです。

スタッフはログだけを参考にして作業をするわけではないので、指定された順序でしか動けないデータ復旧ソフトではあり得ない対応力を持ちます。


データ復旧ソフトの販売価格よりもデータ復旧業者のサービスは高額ですが、支払う価値のあるサービスを提供する事で信頼を得ているのです。

重度の論理障害だと判断出来た時点で、データ復旧業者のサービスの利用を検討すべきだと言えます。


■データ復旧業者を最初から頼る利点

データ復旧ソフトで解決が不可能な論理障害に対して、データ復旧業者のサービスを用いるのが定石です。

しかし貴重なサーバーを管理している印刷業者は、最初からデータ復旧業者を頼る事があります。

データ復旧ソフトが不用意なアクセスを繰り返して、論理障害を重大な問題へと発展させてしまう事があるからです。

不用意な対応をしないデータ復旧業者のサービスは、安全を買うという意味でも有用です。


デジタルデータソリューションから見るWindowsのトラブルバスターズ