• HOME
  • 印刷業者のRAID0構成のサーバーをデータ復旧する

印刷業者のRAID0構成のサーバーをデータ復旧する

データ管理にサーバーを用いている業種は数多く存在しています。

しかし印刷業者に並ぶデータ量をサーバーに保有している業種は稀です。

印刷業者は顧客から提供されたデータを再利用するケースが多いと言われています。

例えば本の重版が必要になった時、同じデータを印刷機で採用する事になりますが、依頼の度に顧客へ提出を申請するのはサービスの利便性に問題があります。

サーバーに詳しいデータを残しておけば、顧客が依頼の度に煩わしい感情を抱く事はなくなるのです。

印刷業者のサービスの利便性を保つためには、サーバーの存在が不可欠だと言えます。


■RAID0構成は処理能力の問題を解決する

サーバーに大量のデータを格納しておくと、次第に処理が遅くなっていきます。

データ量が多くなるほど記憶媒体から情報を取り出すのに時間を要するからです。

サーバーの処理能力が落ちれば印刷業者の仕事は時間がかかるようになってしまいます。

それにより経費の肥大化が発生するのは否めません。

解決するのに有効な手段はサーバーをRAID0構成にする事です。

RAID0構成のサーバーは2台の記憶媒体とRAIDコントローラの準備で達成されます。

処理能力の向上を果たせるRAID構成は他にも存在していますが、コストパフォーマンスが最も優れているのはRAID0構成です。

コスト削減を意識している印刷業者は、RAID0構成のサーバーを愛用しています。


■RAID0構成のデータ復旧は難しい

正常に動作しているRAID0構成のサーバーは、印刷業者の仕事に役立っています。

しかし記憶媒体に異常が発生すると、RAID0構成のサーバーの脆弱性があらわになるのです。

RAID0構成のサーバーはストライピングと呼ばれる技術により、2台の記憶媒体に対して効率的なデータの保存を実行しています。

2台の記憶媒体の整合性が取れなくなると、RAID0構成のサーバーは正常に動作しなくなるのです。

故障時の記憶媒体はバックアップのリストアで解決するのが定石ですが、片方が正常な状態だと上手くデータ復旧が行えません。

その事がRAID0構成のデータ復旧を難しくしているのです。


■データ復旧業者のサービスを用いる解決方法

RAID0構成のサーバーのデータ復旧を行う事は不可能だと言われています。

しかし厳密に言えば個人の力での解決が難しいという事です。

データ復旧業者のサービスを用いれば、RAID0構成のサーバーを元に戻せる可能性があります。

データ復旧業者のサービスは物理障害に陥った記憶媒体からデータを取り出して新品へ移す事です。

それが果たされれば2台の記憶媒体の整合性が合わない問題は解消されます。

結果的にRAID0構成のサーバーのデータ復旧が実現するという事です。


デジタルデータソリューションから見るWindowsのトラブルバスターズ