• HOME
  • nasに保存したバックアップで印刷業者のサーバーをデータ復旧する

nasに保存したバックアップで印刷業者のサーバーをデータ復旧する

印刷業者は同じ内容の依頼を何度も引き受けています。

複製した数が足りなくて顧客に追加発注されるケースが多いからです。

本来であれば印刷業者のサービスを用いるには、マスターデータの提出が必要になります。

しかし同じ依頼を何度も繰り返すのであれば、印刷業者でデータ管理をして欲しいと考えるのが顧客の心理です。


顧客満足度を高めるために印刷業者はサーバーに過去の案件のデータを保存するようになりました。

サーバーに搭載されている専用システムを用いれば、過去の案件から顧客の求める仕事を見つける事は難しくありません。

顧客と印刷業者の双方の負担が軽減されるので、サーバーは非常に重要な役目を担っていると言えます。


■記憶媒体の故障リスク

精密機械であるサーバーは故障リスクから逃れられません。

サーバーが故障する度にメーカーの修理交換サービスの利用が必要になります。

大半の故障はメーカーの修理交換サービスで解決可能です。

しかし記憶媒体の交換に関しては、機器が返送されてからバックアップデータのリストアが必要になります。

交換された記憶媒体には印刷業者の蓄積したデータが保存されておらず、メーカーは責任を負わないからです。

故障する前からバックアップを取得しておかないと、サーバーが正常に動くようになっても、過去のデータが存在しないせいで利便性が失われてしまいます。

記憶媒体の故障にだけは気をつけるべきです。


■nasをバックアップの保存先にする

昨今ではコンピュータの普及率が高まった事で、バックアップの取得が行われないケースは珍しくなっています。

しかし印刷業者の中にはバックアップの業務を実行しただけで、安心感を抱くスタッフが存在しているのです。

完璧なバックアップを望むのであれば、保存先に関しても注意すべきだと言えます。

直接サーバーに繋いで使用するハードディスクだと、広範囲の災害に巻き込まれてバックアップ対象と一緒に壊れる可能性があるからです。

災害リスクを考慮するならネットワーク接続が可能なnasが便利です。


■データ復旧の流れ

nasを使ったデータ復旧は最初にサーバーのネットワーク設定を整える事が大切です。

ネットワークケーブルに接続するだけでnasが使用可能だと、ネットワークを通じて見知らぬ存在から攻撃を受ける可能性があります。

だから重要なデータが保存されている印刷業者のnasは、セキュリティ設定が施されているのです。


サーバーがnasと接続出来る状態になったら、バックアップをサーバーへコピーします。

nasに保存しているバックアップをリストアすると、ネットワークが不安定になるだけでデータ復旧に失敗するからです。

データ復旧の成功確率を少しでも向上させたいのであれば、安定した環境をリストアに用いるべきです。


デジタルデータソリューションから見るWindowsのトラブルバスターズ