• HOME
  • ホットスタンバイ方式の印刷業者のサーバーをデータ復旧する

ホットスタンバイ方式の印刷業者のサーバーをデータ復旧する

サーバーに大量のデータを保存する事で、印刷業者のサービスは成り立っています。

数多の顧客を抱えていても最小限のスタッフで印刷業者を運営出来るのは、サーバーと専用システムが存在しているからです。

仮にサーバーが壊れてしまえば、抑えられていた経費は肥大化してしまいます。

サーバーの停止期間を短くする事は不可能です。

なぜならサーバーを修理する工程の中には、メーカーによる部品交換が含まれています。


そのせいで最低でもサーバーが復旧するまで数日の時間を消費する事になるのです。

印刷業者にとって数日間もサーバーが停止する事は大きな痛手だと言えます。

だから印刷業者が本番機の故障に備えて予備機を抱えるようになったのは当然の対応です。


■復旧時間が早いホットスタンバイ方式

印刷業者のサーバーの停止時間が長いと経費が大きくなるのは前述した通りです。

印刷業者がサーバーの予備機を運用する目的は、サーバーの停止時間を短くして経費を抑える事だと言えます。

だから印刷業者のサーバーはホットスタンバイ方式が多用されているのです。

ホットスタンバイ方式の予備機は電源を入れて待機状態にします。

本番機が壊れると同時に予備機が代行出来るようになっているので、サーバーの停止時間を極めて短くする事が可能です。

サーバーの停止時間を短くしたい印刷業者に支持されるのは必然です。


■ホットスタンバイ方式のデータ復旧

ホットスタンバイ方式の予備機はデータの同期を取得しているとは限りません。

データの同期を定期的に行う設定だと、対象である本番機と予備機の負荷が大きくなるからです。

記憶媒体の読み書きが同期目的で頻繁に行われれば、サーバーの寿命を縮めてしまいかねません。

だからホットスタンバイ方式の予備機は、定期的にデータ復旧を実践しています。

本番機から取得したバックアップをリストアすれば、簡単にデータ復旧を行う事が可能です。

その作業を業務フローに組み込む事で、予備機が切り替わった後にデータ復旧する必要はなくなります。

つまり本番機が停止してから予備機が代行を務めるまでの時間を短く出来るのです。


■故障時までデータ復旧を行わないスタイル

予備機のデータ復旧をサーバーが故障する直前まで行わない事は可能です。

ただし本番機から定期的にリストア用のバックアップを取得する必要があります。

古いバックアップデータをリストアしても、予備機のデータ復旧を果たすには、大量の手動入力が必要になるからです。


バックアップソフトの自動取得機能を用いれば、忘れずにリストア用のデータを確保出来ます。

注意点は自動取得に設定されている保存先の保存可能領域です。

記憶媒体の残り容量が少なくなると、バックアップを行わない事があります。


デジタルデータソリューションから見るWindowsのトラブルバスターズ