• HOME
  • デュプレックス構成になっている印刷業者のサーバーをデータ復旧する

デュプレックス構成になっている印刷業者のサーバーをデータ復旧する

サーバーは故障すると復旧に時間を奪われる事になります。

業務フローがサーバーに依存している印刷業者では、サーバーのトラブルは致命的です。

効率化されていた業務フローが遂行出来なくなれば、仕事の過程で発生している経費は肥大化してしまいます。

短期であれば大きな問題ではありませんが、サーバーの復旧がいつまでも行われなければ大きな痛手です。

しかしサーバーの復旧にはメーカーの助力が不可欠なので、単体のサーバーを運用している限り問題の解消は難しいと言えます。

それを解消するにはサーバーが故障した時に代用出来る予備機を所有するしかありません。


■デュプレックス構成が人気の理由

印刷業者は修理サービスが長期化するリスクを配慮して、予備機を準備するようになりました。

本番機と全く同じ機種を所有していれば、サーバーが壊れた時に印刷業者の業務を支える事が可能です。

予備機を運用するスタイルは複数存在しています。

印刷業者が愛用しているのはデュプレックス構成と呼ばれるスタイルです。

デュプレックス構成の特徴は待機中の予備機にパッチ処理を担当させる事です。

本番機が壊れない限り予備機に活躍の機会はありません。

サーバーのトラブルが発生しなければ、予備機を無駄に遊ばせてしまう事になります。


だから待機中の予備機にパッチ処理を担当させて無駄を排除しているのです。

印刷業者はサーバーの処理能力を有効活用出来るので、デュプレックス構成を評価しています。


■デュプレックス構成のデータ復旧

デュプレックス構成の予備機には案件に関するデータが保存されていません。

予備機にはパッチ処理を担当させているので、データの同期機能を用いて本番機と同じ状態にする事が出来ないのです。

だから本番機のサーバーが壊れた時、予備機にはデータ復旧作業を行う必要があります。

データ復旧作業が無事に行われない限り、印刷業者の本番機の代わりを務める事は不可能です。

データ復旧作業の肝になるのは、故障前の本番機のバックアップデータになります。


バックアップデータは故障時の内容に近くなければ意味がないので、印刷業者の業務フローにサーバーのバックアップ作業を取り入れる事は重要です。


■予備機が先に壊れるリスク

印刷業者がデュプレックス構成を採用しているのは、本番機が壊れた時に予備機を代行させるためです。

しかし先に予備機が壊れてしまう可能性があります。

予備機が壊れている状態が長期化する事は危険です。

予備機が壊れている間に本番機のサーバーが壊れたら手の打ちようがなくなります。

よって予備機の故障対応に関しても素早く済ませる事が大切です。


デジタルデータソリューションから見るWindowsのトラブルバスターズ