• HOME
  • デュアルドライブになっている印刷業者のサーバーをデータ復旧する

デュアルドライブになっている印刷業者のサーバーをデータ復旧する

印刷業者がデュアルドライブのサーバーを採用する事例が増加しています。

理由はデュアルドライブの利点が印刷サービスと相性が良いからです。

印刷業者のサービスは顧客からマスターデータを受け取って、それを元に印刷する事で提供されています。

最近では画像データによる受け渡しが主流なので、多数の顧客のデータを管理するためには大容量のハードディスクの存在が不可欠です。

しかしデータ量が増えると記憶媒体の負荷が大きくなり、処理速度の低下の可能性が高まります。

その問題を解消するためには読み書きの優れているSSDを搭載するしかありません。


サーバーの基本システムや応用ソフトをSSDに搭載する事によって、処理速度が格段に上がります。

以上の理由からデュアルドライブのサーバーは、印刷業者にとって理想的であるという評価を得ているのです。


■デュアルドライブの記憶媒体のリスク

デュアルドライブは2台の記憶媒体を搭載しているため、通常の構成よりも故障リスクが上です。

記憶媒体が故障すると保存されているデータの取り出しは絶望的になります。

よって事前に記憶媒体からバックアップを取得して、故障時にリストアする業務フローを確立するのが効果的です。

記憶媒体の交換が行われたとしても、バックアップさえ存在していればデータ復旧を果たす事が可能になります。


■デュアルドライブのバックアップの保存先

デュアルドライブではSSDとハードディスクのバックアップを取得するので手間がかかります。

しかしバックアップの保存先に関しては悩む必要がない分、通常のサーバーよりも優れているのです。

具体的にはSSDのバックアップをハードディスクへ格納して、ハードディスクのバックアップをSSDに保存します。

デュアルドライブの記憶媒体が同時故障する可能性は低いので問題ありません。


■デュアルドライブのデータ復旧

デュアルドライブの記憶媒体が片方でも壊れると、印刷業者の仕事は滞ります。

早急に記憶媒体のデータ復旧作業を済ませるべきです。

故障した記憶媒体の交換作業はメーカーの領分なので、印刷業者がデータ復旧作業を実行するのはサーバーが返送されてからになります。

正常な記憶媒体は交換作業が行われていないので、バックアップデータは無事です。

よってリストア機能を持つバックアップソフトさえ無事であれば、直ぐにデータ復旧を開始出来ます。


しかしSSDが故障した時に関しては事前に基本ソフトの再インストールを済ませなければなりません。

基本ソフトが存在しない状態では、応用ソフトを起動させる事すら不可能だからです。

SSDは基本ソフトの再インストールが完了したら、データ復旧作業を開始出来るようになります。


デジタルデータソリューションから見るWindowsのトラブルバスターズ