• HOME
  • コールドスタンバイ方式の印刷業者のサーバーをデータ復旧する

コールドスタンバイ方式の印刷業者のサーバーをデータ復旧する

印刷業者のサービスはデータ管理に活躍しているサーバーが支えています。

サーバーは僅かな要因で壊れてしまうため扱う際に注意を払うべきです。

しかし印刷業者のスタッフがどれだけ気をつけていても、経年劣化によるサーバーの故障は必ず発生します。

それがどのタイミングで訪れるかは予測不可能なので、印刷業者は予備機を準備するようになったのです。

サーバーが壊れると修理が長期化してしまうのは、メーカーへ郵送するアクションが必要だからだと言われています。

予備機を所有していればメーカーの対応中も、印刷業者はデータ管理業務はいつも通りです。


■エネルギーを節約出来るコールドスタンバイ方式

予備機を運用するスタイルはいくつか存在していますが、特に人気を獲得しているのがコールドスタンバイ方式です。

コールドスタンバイ方式の予備機は、電源を落として待機させておきます。

そしてサーバーの故障が発生したタイミングで予備機の設置が行われます。

予備機は障害が発生するまで動かす必要がないので、無駄なエネルギー消費を避けられます。

結果的にサーバーの維持費を抑えられる事もあり、印刷業者はコールドスタンバイ方式を支持しています。


■予備機のデータ復旧

コールドスタンバイ方式の予備機は、保存されているデータに問題があります。

本番機が動いている最中は予備機の電源を入れる必要がないので、予備機の記憶媒体に保存されている情報は本番機と大きく異なるのです。

その状態で本番機の代わりを務めさせようとしたら、印刷業者のスタッフは困惑する事になります。

だから本番機の記憶媒体へ近づけるため、予備機のサーバーはバックアップのリストアが不可欠です。

データ復旧が果たされればコールドスタンバイ方式の予備機は、壊れたサーバーに極めて近い状態になります。


仮にリストアしたバックアップデータに不備が生じているのであれば、手動入力による対応は難しくありません。

少なくとも全てを手動入力するよりは、データ復旧作業に必要な負担は軽減出来ます。


■コールドスタンバイ方式における予備機の扱いに関して

コールドスタンバイ方式を上手く活用すれば、サーバーの停止時間を最小限に抑えられます。

しかしコールドスタンバイ方式の予備機を扱う際には、注意事項が存在しているのです。

それは知らない間に予備機が壊れるリスクを下げる事です。

サーバーが壊れない限り予備機の出番はありません。

そのせいで本番機のサーバーが壊れた時に予備機の電源を入れようとしても、正常に動作しない事があります。

それではサーバー故障のリスクを軽減出来ていないので、稀に予備機の動作チェックをする事が大切です。


デジタルデータソリューションから見るWindowsのトラブルバスターズ