• HOME
  • 物理障害になった印刷業者のサーバーをデータ復旧する

物理障害になった印刷業者のサーバーをデータ復旧する

印刷業者の所有しているサーバーは、専用システムが搭載されています。

案件に関する情報を細かに入力しておく事で、サービスの提供を円滑にするためです。

専用システムの恩恵を得た印刷業者はコストの削減に成功し、サービスの価格に反映しています。


昨今では紙媒体の絶対性が失われつつありますが、印刷業者のサービスの需要は保たれています。

それはサービスが高品質になった事で、印刷業者に見向きもしなかった人種が利用するようになったからです。

サービスの品質を支えているサーバーは、印刷業者にとって重要な存在であるのは間違いありません。


■サーバーの記憶媒体の故障に関して

大量のデータを保存して処理をするサーバーは有用ですが、一方で技術発展によって脆弱性が顕在化しました。

サーバーの記憶媒体の保存可能領域が増えた事で、一箇所にデータが集中するようになったからです。

1台のサーバーに印刷業者の抱えている全てのデータを詰め込めるので、記憶媒体が壊れた時の損害リスクは高まったと言えます。


リスク管理は分散させるのが効果的なので、記憶媒体の故障に配慮しないサーバー運用には問題が生じるのです。

だから記憶媒体の故障に備えて、バックアップを取得する事が常識になっています。


■データ復旧は計画的に進めるべき

記憶媒体が壊れたら部品交換後にバックアップをリストアするのが一般的な対応方法です。

新品の記憶媒体を接続すると、保存されていた過去のデータが消えてしまいます。

消えたデータを取り戻すためにバックアップのリストアを実行するのです。

しかし印刷業者のサーバーを運用する時は部品交換の工程がネックになります。

部品交換を実行するのはサーバーのメーカーだからです。

メーカーの対応が完了してサーバーが印刷業者に戻るまで、少なくとも数日間は経過すると言われています。


記憶媒体へデータ復旧作業を実行するのは、メーカーの対応が完了してからになります。

計画的にサーバーの故障に対応しないと、サーバーを印刷業者のサービスで運用するまでに多くの時間を消費してしまうのです。

無駄な時間を過ごさないためには、完璧なスケジュールを立てるべきです。


■バックアップを使ったデータ復旧に関して

物理障害に陥った記憶媒体へバックアップをリストアするのは、最もコストを必要としないデータ復旧手段です。

しかしバックアップデータをリストアしても、故障時の記憶媒体の状態へ戻せるわけではありません。

あくまでバックアップしたタイミングの記憶媒体のデータを取り戻すための作業になります。

故障時の記憶媒体に保存されていたデータを取り戻したい場合には、印刷業者のスタッフが手動入力で情報を補わなければなりません。


デジタルデータソリューションから見るWindowsのトラブルバスターズ