• HOME
  • HDDのデータ復旧方法

HDDのデータ復旧方法

パソコンに保存していたデータを誤って消してしまった、HDDが壊れて認識しなくなってしまったなど、パソコンを使用していると運悪くデータのトラブルに遭遇してしまうことがあります。

データの復元方法は色々とありますが、症状によって復元方法は異なります。

主な障害事例と症状別の復元方法をご紹介します。


■HDDの障害には2種類ある

HDDの障害は、「論理障害」と「物理障害」の2つに分けられます。

「論理障害」とは、データの誤消去やフォーマット、ウィルス感染によってデータが消えてしまっている状態をいいます。

「物理障害」とは、HDD内部に何かしらの障害が起きている状態です。

よく、寿命が近いHDDは「カラカラカラ」といった異音が聞こえるという話を聞きますが、異音が聞こえるということはHDD内部になんらかの物理障害が発生している可能性が高いです。


■論理障害のデータ復旧

論理障害のデータ復旧は、データ復元ソフトを使って比較的簡単に行えることが多いです。

データ復元ソフトは無料のフリーソフトから有料のものまで多数存在しています。

それらのソフトを使い、HDDをスキャンして復元したいデータを選択して復元する、おおまかな使い方はこのような感じになります。

データのご消去やゴミ箱を空にしてしまったといった軽度の論理障害であれば、フリーの復元ソフトで復元に成功したという声もよく聞きますので、試してみる価値は大いにあるでしょう。


ただし、フリーの復元ソフトを使用する際の注意ですが、中にはウィルスが仕組まれているソフトがあるという話も耳にします。

ダウンロードする際にはソフトのレビューなどをよく見て信頼できるソフトであることを確認し、有名なソフトダウンロードサイトからのダウンロードをおすすめします。


■物理障害のデータ復旧

論理障害に対してデータ復旧が難しいのが物理障害です。

物理的な障害によりデータの読み込みが出来なくなっている状態ですので、まずはデータが正常に読み込みできるように修復する必要があります。

HDDの修復を行うにはHDDの分解が必要になります。

しかし、個人で行えるレベルではありません。


HDDを分解しての修復に必要なものは、ごみの侵入を許さないための「クリーンルーム」と「交換用のパーツ」です。

個人がこれらを用意するのは難しいです。

そのため、HDDの物理障害のデータ復旧はプロに依頼する必要があります。

「データ復旧」というキーワードで検索をすると多くのデータ復旧業者がヒットします。


より確実にデータを復旧したいということであれば、技術力や実績に優れた日本データテクノロジー社がおすすめです。


デジタルデータソリューションから見るWindowsのトラブルバスターズ